読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

221B

この部屋のぞいてみますか

sherlock バスカヴィルの犬 感想その5 

sherlock

さあ、いよいよ終わらないと、顕微鏡のぞいて砂糖の成分調べてたシャーロックが癇癪起こしますよ・・(シャーレーぶん投げ)

 

 

sherlock バスカヴィルの犬 感想その5

 

思っていたのと違う分析結果に苛々のシャーロック。幻影を見せていた麻薬的成分は砂糖に入っていると推理していたからね。

 

イライラのあまり「かごめかごめ」やっちゃう。

f:id:kedama-tikku:20121219142016p:plain

「後ろの正面だあれ!」(シャーリーの後ろはお友達の顕微鏡クンでした!)

 

 

 

わらべうた遊びに飽きたので、精神の宮殿いってきまーす。

f:id:kedama-tikku:20121219142018p:plain 

「出ていけ」(ぞわわ!)

・・かっ、陰から覗いていていいですか(痴女)

 

 

f:id:kedama-tikku:20121219142019p:plain

導入部分。

シャーロックの指の美しさに(鼻血)うっとり観ていたら・・

 

 

f:id:kedama-tikku:20121219142020p:plain

ガウッ!(笑)怖っ!!

 

ご存知のとおり、これ以上のマインドパレス画像は恐ろしくてあげられませんので、皆さんの心の中で展開されてください。

 

 

f:id:kedama-tikku:20121219142021p:plain

シャーロック王子、宮殿にて強引な導きでした・・でもこのストンと行き着いた感の表情が可愛いので全部許そう。

 

 

結局行き着いたのはアメリカインディアナ州リバティという地名とH.O.U.N.Dというプロジェクト名(毒ガス開発)

 

バリモア少佐の部屋のあるPC端末からデーターを引き出し、それが真実だと確信します。そして、それに関わっていたのがフランクランド博士だと言うことも・・

そしてヘンリーが「HOUND」に捉われていたのは、「H.O.U.N.D」Tシャツを着てヘンリーの父を殺害するという犯行に及んだフランクランドを見てしまったから・・・

この結果、ちょっと強引な気もするですが、犯行現場が幻覚ガスの充満したエリアだったので、そういうことなんでしょうね。

 

結構、他にもポンポン進む中で「え?」とか「それがそうなの?」という部分がありましたが(笑)「マギー」のパスワードなんて「そんな推理で導かれちゃうわけ?」って(苦笑)

 

 

まあそれよりも私の一番の疑問は、砂糖が幻覚物質を含んでなかったとすると・・ジョンがバスカヴィルの研究所でシャーロックにはめられて幻覚をみたときは・・ただ、シャーロックの口車にのせられただけ?

それともシャーロックが「ガスでも漏れてたのかも」とか適当そうに言ってましたが、そうなの?そうだとしたら、かなりずさんな施設だよ?

 

f:id:kedama-tikku:20121219142026p:plain これの事?

ちょっとその辺が私にはわからなかったですが。

 

H.O.U.N.Dの資料見てましたら「またヘンリーが狂っちゃったよー!」とモーティマー先生から電話が来たので、窪地へ向かうシャーロックとジョンとグレーーッグ。

窪地のガスの中、混乱を極めるヘンリー。それを窘めつつも、自分もフランクランドにモリアーティの幻影をみちゃったりするシャーロックです・・ここでモリの幻影か。そうか・・。

 

 

そうこうしている内、ハウンドの登場。

 

恐怖の犬に向かって銃で撃つ撃つグレッグ(ヤード現役)を差し置いて、ここぞと言うとき頼りになるのはこのお方・・

 

f:id:kedama-tikku:20121219151041p:plain ばきゅーん!

まあた、一発でしとめちゃったよ・・

ピーッ!(笛)みんな~ジョンを怒らせないこと!

 

 

こんな場面でも「この事件、面白かったよありがとうふはは~」みたいな、相変わらずKY発言のシャーロック・・ジョンに窘められてましたね。まあ、それでこそシャーロックですけども。

 

f:id:kedama-tikku:20121219151438p:plain

やったやった~おもしろかった~い。

 

 

ま、でも砂糖推理が間違っていて、ジョンに責められるシャーロックが超可愛いので許す!(そればっか)

 

f:id:kedama-tikku:20121219142023p:plain

「ボクが甲斐甲斐しくジョンにソースを選んであげているのに・・」

 

f:id:kedama-tikku:20121219142024p:plain

「ジョンは怒ったんだ」(ヤバイ、撃たれる!)

 

f:id:kedama-tikku:20121219142025p:plain

「しーっ・・・」(かっ、かわいい)

 

まあ、あんな恐怖のコマネズミみたいに研究所内走らされて、実験台にされていたんだから・・ここで掴み掛からないジョンの懐の深さというか、鷹揚さには感心しますよね~。

というか、シャーロックみたいな相手だと、しゃーねえなーとか、そんな感じにならざるを得ないのだろうけど!

 

f:id:kedama-tikku:20121219152751p:plain

「さ、砂糖の推理は間違っていたけどさ・・」

ジョンをちらちら見シャーロック・・たまらん。

 

 

結局、sentiment(感情・情け)を知らないシャーロックが犬が死んだことを店主に「親切に」知らせに行くのでした・・。ちゃんと心遣いして伝えられたかが、おばちゃんは心配です(笑)

「ボクのジョンが見事な腕前で、君の犬を一発でしとめた」とかって言ってそう・・やあ、確かに真実だがね・・(苦笑)

 

 

この後、次のお話の伏線でモリアーティがマイクロフトに捕らえられてて解放される場面が出ますけど・・シャーロックピンチのにおい・・。いやですね。

もうここで感想やめちゃおうかなあ・・。

次の「ライヘンバッハ」は、途中までみて、バーツの上のシーンになったらいつも観るの止めちゃうんですよね・・飛び降りるの見たくないし、それに喪失となるジョンを見ていられない・・もう名演技すぎる。やめて~。。演技下手でいいよ、ホビット・・(訳分からない)

 

ということで、次の感想はいつになるか分かりませんけども!!

ハウンド妄想お付き合いくださいまして、ありがとうございました。