読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

221B

この部屋のぞいてみますか

再録 sherlock:死を呼ぶ暗号(The Blind Banker) その3

 

グラナダの再放送「美しき自転車乗り」が楽しみで仕方がないです。

あのお話のホームズも素敵だが、それよりも何よりもカラザースさんの弱っちぶりが面白いので・・(ウッドレーに手の甲パンチで殴り飛ばされるシーン)ああ、楽しみ。紳士はストレートだ!!(名台詞)

 

 

 

さあさ、随分開きましたが、しょぼしょぼ続いておりますよ・・↓

 

 

 

再録 sherlock:死を呼ぶ暗号(The Blind Banker) その3

 ※(結構妄想がひどいです。耐えられなかったらごめんなさい)

 

ペイント兄ちゃんとジョンと、高架下のスプレー文字(暗号)を捜索中のシャーロック。

 

 

軽いhengao。

f:id:kedama-tikku:20131025234515p:plain

「このスプレー、マイクロフトの臭いがする!」(マイクロフトスプレー930円)

 

 

 

文字を発見したジョンと現場に戻ったシャーロックが、ジョンに掴み掛かるシーン。

 

藤子不二雄先生もびっくりの口芸。

f:id:kedama-tikku:20131025234513p:plain

よ、よもやのジャイ子口!!!

 

 

「ジョン、思い出せのチューだ!」

f:id:kedama-tikku:20131026001220p:plain

(そして私のイラスト、ジョンがひどい)

 

時々すごいhengaoになるシャーロックですけど、反面とても美しくもあるという・・すごいギャップ探偵です。

 

暗号を暖炉上一面に貼って、思考中。ほら、この辺りの横顔は美しか。

しかしあんなに貼りまくって・・暖炉使ってない時期なんだよね。きっと。

f:id:kedama-tikku:20131025234511p:plain

「喉仏は控え目なんだ・・」(我慢できずに喉仏ショットが出ちゃった)

 

 

博物館の茶器の状態から、スウ・リンが出入りしていると見抜いたシャーロック。

スウ・リンはこの後、実のお兄さんとの対峙ののち悲劇の死を遂げる訳ですが・・可哀想です。

f:id:kedama-tikku:20131026002156p:plain

シャーロックのスウ・リンに対する態度は穏やかでしたね。賢い控え目な女性にはそれなりに節度を持って接するようです。

前も書きましたが、基本シャーロック・ホームズは紳士のはずなんですよね。女性にも、よほどの場合じゃなければある程度・・親切にというか節度を持って接します。シャーロックの場合はその「節度ある態度」頻度は「宝くじに当たるか」くらいの確率のように思いますが。

 

シャーロックが黒い蓮の手先・・スウ・リンの兄と攻防するシーン。緊張感のあるシーンですが、ベネ君の首フリフリしながらの、良い走りっぷりとか(癖なの?それともそういう方がカッコ良く見えるのかな?)可愛いオデコとかが堪能できます。

f:id:kedama-tikku:20131025235926p:plain

「 骸骨教信者としては、ここでの発砲は許せん!!」

 

 

 

スウ・リンの死・・これによって益々捜査の手際の悪さにイラつくジョンとシャーロックはヤードヘ乗り込みます。

 

このまま状態を放っておいていいのか!!とジョンが警部に噛み付く勢いですが・・そこでいつもは冷淡なシャーロックも、いつもより積極的に加勢します。ジョンブルドックが噛み付きそうなので、間に割ってはいるシャーロック。これ、萌え~(笑)

f:id:kedama-tikku:20131025234510p:plain

男の友情~?!

 

S「このままだと、僕が帰ってからジョンに噛みつかれるんだぞ!」

J「グルルルルル~~・・」(ジョン背後で怖い!(笑))

f:id:kedama-tikku:20131025234507p:plain

(度々出るワトスンのブルドック表現は皆さんご存知原作からネ)

 

今回はレストレードは居なくてディモック警部が担当だというのも、捜査に対しての苛立ちを増幅させます。おーい、グレッグは何処行った?奥さんと仲直りのための休暇か?

 

警部に「証拠が無い」と言われ、ラチがあかないのでモルグのモリーのところで死体の足から証拠のひとつ「蓮の刺青」を確認しようとするシャーロック。

 

こうやって見れば、結構お似合いに見えません?

f:id:kedama-tikku:20131025234656p:plain

モリーかわゆいし。

 

ここの胡散臭い「エセフェミニスト」シャーロックについては何も言うまい・・。私も明日から横分けにします。

 

反則笑顔をひとつ貼っておきますね。

f:id:kedama-tikku:20131025234654p:plain

「テクマクマヤコンテクマクマヤコン、僕の言う事聞くモリーになあれ!」

 

魔法かかったモリーは従順でした・・(笑)

この後は221Bへ戻り、本格的にルーカスとヴァンクーンの持ち本の中から暗号解読の手がかり探しとなります。

が!!

 

帰った直後・・シャーロックがコートを脱いで掛け、ジョンと会話する・・この何気ないこの辺りが・・私は、何となく好きなシーンでもあります。

顔とか映ってない場面も多く、シャーロックがコートかけたりマフラー外したりうろうろしながら会話しているというシーンなんですが・・何だかその動きひとつひとつが優美で。

そうですよ、シャーロック・ホームズなるものは、ただイラついているだけの高機能社会不適合者というだけでは務まらないのです。

優美な動きや仕草があってこそ(坊ちゃん風吹かせてこそ)ホームズ家次男坊!!

 

「顔が映って無くとも立ち姿が美しいだろう、ジョン」

f:id:kedama-tikku:20131025234649p:plain

こっ・・・この手!!手!!

 

私がこの場面に入り込めたら思わず・・

 

 

 

 

 

 

f:id:kedama-tikku:20131025234646p:plain

握手ですよ!ヒャッハー握手なっしー!(けなっしー←ゆるきゃら気取り?)

 

 

 

ああ・・またどうでも良い妄想ばかりが先走ってしまいました・・反省しなくては。

 

もうそろそろ「美しき自転車乗り」が始まっちゃうので、本日の妄想はここまでにしておきます・・お目汚しばかりで失礼しました。。

 

 

くすん。